【Python】スウォームプロットの描画方法|seaborn基礎

スウォームプロットの描画方法|seaborn基礎_アイキャッチプログラミング
スポンサーリンク

seabornを使用すると、Pythonを使用してデータを可視化することができます。

本記事では、seabornによるスウォームプロットの描画方法について、詳しくご説明します。

こんな人に読んでほしい
  • Pythonを使用したデータの可視化方法を知りたい人
  • seabornによるスウォームプロットの描画方法を知りたい人
スポンサーリンク

seabornとは

seabornは、Pythonを使用してデータを可視化するための外部ライブラリの1つです。

データ可視化用ライブラリは他にも複数あり、その中でも特にMatplotlibが有名です。

seabornはMatplotlibをベースに作られており、Matplotlibの描画機能を利用しています。

seabornの長所は、Matplotlibよりも美しい図を、より少ないコードで簡単に描ける点です。

本記事では、seabornによるスウォームプロットの描画方法をご紹介します。

スポンサーリンク

seabornのインストール

「seaborn」は、以下コマンドを入力することで、インストールすることができます。

コマンドの入力は、コマンドプロンプトあるいはターミナルから行います。

pip install seaborn

動作確認として、試しに以下を入力します。

import seaborn as sns

上記を入力してもエラーが発生しなければ、正常にインストールされています。

スポンサーリンク

スウォームプロットの描画方法

seaborn.swarmplot()関数を使用することで、スウォームプロットを描画することができます。

スウォームプロットとは、各データを直線状にプロットした散布図のことで、ストリッププロットと似ていますが、重なったポイントを横に広げて描画する点が異なります。

横幅を見て、データの密集度を確認することができます。

swarmplot()関数の引数には、x軸(横軸)の変数、y軸(縦軸)の変数、カテゴリーデータ、データセット等を指定します。

データセットの「tips」を用いて、スウォームプロットを作成してみます。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(data=tips, x="total_bill")
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips)

y軸を指定すると、以下のようになります。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(data=tips, x="total_bill", y="day")
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips_xy)

xとyを逆で指定すると、以下のように縦方向のプロットになります。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(data=tips, y="total_bill", x="day")
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips_yx)

カテゴリをy軸と同じものに指定することで、各データ群の色を分けることができます。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(data=tips, x="total_bill", y="day", hue="day", legend=False)
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips_xy_カテゴリ別)

カテゴリをxy以外のものに指定すると、以下のようになります。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(x="total_bill", y="day", data=tips, hue="size")
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips_xy_カテゴリ別2)

paletteを指定することで、カラーパレットを変更することができます。

明るい色合いの「bright」を指定してみます。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(x="total_bill", y="day", data=tips, hue="size", palette="bright")
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips_xy_カテゴリ別2_palette="bright")

dodge=Trueを指定することで、カテゴリごとに上下方向に分けてプロットすることができます。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(x="total_bill", y="day", data=tips, hue="size", palette="bright", dodge=True)
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips_xy_カテゴリ別2_palette="bright"_dodge=True)

sでマーカーのサイズを、markerでマーカの種類を、linewidthで線の太さをそれぞれ指定できます。

#input
import seaborn as sns
import numpy as np
import pandas as pd
import matplotlib.pyplot as plt

# データセットの読み込み
tips = sns.load_dataset("tips")

# スウォームプロットの指定・描画
sns.swarmplot(data=tips, x="total_bill", y="day", s=5, marker="x", linewidth=1.5)
plt.show()
スウォームプロットの描画(seaborn_tips_xy_カテゴリ別2_s=5, marker="x", linewidth=1.5)

まとめ

この記事では、seabornによるスウォームプロットの描画方法について、ご説明しました。

本記事を参考に、ぜひ試してみて下さい。

参考

Python学習用おすすめ教材

Pythonの基本を学びたい方向け

統計学基礎を学びたい方向け

Pythonの統計解析を学びたい方向け

おすすめプログラミングスクール

Pythonをはじめ、プログラミングを学ぶなら、TechAcademy(テックアカデミー)がおすすめです。

私も入っていますが、好きな時間に気軽にオンラインで学べますので、何より楽しいです。

現役エンジニアからマンツーマンで学べるので、一人では中々続かない人にも、向いていると思います。

無料体験ができますので、まずは試してみてください!

\まずは無料体験!/
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました